追い上げ


追い上げとは、簡単に言えば

「当たるまで買い続ける」

と言う危険な購入方法です。


競馬や競輪、競艇などで、主に資金に余裕のある方が、昔から多用しますが
今現在の競艇において
この「追い上げ」で勝ち続ける事は、至難の業です。

2000年10月までは、3連単などと言う舟券は存在せず
2連単、2連複、単勝が舟券のメインで、投票がばらける事が無く
オッズ、つまり払い戻しも高額で、この追い上げ投資も効果的ではありました。

しかし、この3連単勝式の導入により
舟券の種類が増え、当然投資も分散し、あまり意味の無いものになりました。

では、何故今は効果的では無いのか?

理由は簡単、オッズ、つまり配当金の減少です。

皆さんご存知の様に、競艇は1号艇が多く舟券に絡みます。
その1号艇を軸とし、1−23456と全てを買っても、当然マイナスになります。
説明するまでもありませんが、当たりやすい=配当が少ないからですね。

仮に100円で、一番当たりやすいと言われている1−2を追い上げるとどうなるでしょう?
(1番多い、10回損切りの追い上げで計算してみます)

1R1−2 −100円
2R1−2 −200円
3R1−2 −400円
4R1−2 −800円
5R1−2 −1600円
6R1−2 −3200円
7R1−2 −6400円
8R1−2 −12800円
9R1−2 −25600円
10R1−2 −51200円

どうでしょうか?
これが単純に1点を追い上げた場合の金額です。
ただし、当然これは、全てのマイナスが5万1200円では無いですね?

そう、上記すべて「加算」です。
つまり、10R追い上げて当たらなければ、5万円ではなく10万2千円ちょっとのマイナスになります。
たった10Rで、です。

仮に10R目で目出度く的中したとして
1−2は大抵が500円(5倍)以下の配当で、酷い時は100円台の時も有ります。
まして、後半戦になればなる程、1−2は出やすく配当は下がります。
実際、1−2が出そうなレースでは2連単では良くて300円、最悪は180などザラです。
3連単でさえ、1−2からの本命は3倍とか4倍が普通にあります。

仮に運良く、高い方の500円で的中すれば、払い戻しは25万6千円で
差し引き15万円ほどの利益が出ますが
これはあくまでも机上の空論です。

実際に舟券を買えば分かりますが
一般戦で1−2の1点に5万円も投資すれば、オッズは確実に300円程度に下がります。
その場合でも、単純計算では5万円ほどの利益が出ますが
あなたは、10万円の大金を投資して、5万円の利益を確保するだけの精神力はありますか?
10Rの間、はずれ続けても万単位で買い続ける精神力です。
それ+資金力ですね。

仮に1点5万円投資すれば、オッズは急激に下がります。
それを見た他のお客さんが、どう言う行動を取るでしょうか?
「何か情報でもあったのか?」
「実は1−2が堅いのではないか?」
当然、数百円程度の購入をするお客さんは大勢出るでしょう。

まして、10R以内に当たる保障は何処にもありませんし
むしろ当たらない方が多いのです。

では仮の仮に、5R程度で当たったら?
払い戻しは8千円、当資金は3千百円・・・割に合いませんね。

では更に、あなたと同じ様に1−2を追い上げている人が居たら?
競艇場は24箇所しかなく、常に開催しているのは7〜8箇所程度。
バッティングしないとも限りませんね?
いや、必ずするでしょう。

そうなると、オッズは下がる一方で
例え当たってもマイナスが出る*「トリガミ」になります。

現状を見てください。
1−2でも、千円台の配当がちらほら見受けられます。
何故でしょうか?

実際に1−2の追い上げ等の買い方を、する人が居ないからです。
理由は上記に書いた通り、机上では黒字になっても
実際にやってみると1−2が出ない。
出てもトリガミ、損切りした途端に出る。
悔しくなり10R以降も追い上げて、資金が尽きてパンク。
運良く当たっても、2〜3Rで出てしまい利益は微々たるものに・・・

する人が居ないと言うのは語弊が有りますね。
実際には「言われた通りに追い上げてパンクした」が正解でしょう。

これが現状です。

仮に1−2でなく、1−3でも2−3でも同じ事です。
出る時は出る、出ない時は本当に出ない。
予想をしない追い上げは、運否天賦の破滅型のギャンブルです。
間違っても、投資とは言えません。

損切りのタイミング、当たってからのリセットなど
全て個人の裁量がモノを言います。

では、必ずしも追い上げは通用しないのか?と言うと
そうではありません。
ちゃんと確率を上げる方法はあります。
ヒントはこのページ中に書いていますが、推奨はしません。


巷では、安易に追い上げを推奨する商材が溢れていますが
手を出した挙句、どうなるのかを覚えておいて下さい。



*トリガミ
正しくは獲り紙と言います。
獲った(当たった)けど損をした紙(投票券)と言う意味です。